子どもに無関心な親に育てられると、他人にも無関心になる

幼少時代を思い出すと、親のスケジュールに合わせた忙しすぎる毎日をこなすのに精一杯で、

親から何かを聞かれることもなければ、親に対して何かを聞くこともなく(聞ける雰囲気ではない)、

今から思えば、ほとんど事務的な会話しかない親子でした。

子どもを観察する余裕がない親

会話があれば、内容によっては子どもに関心があるように見えますが、実際には子どもの様子に関心をもっていることは少ない気がします。

子どもに関心のある親であれば普段から子どもを観察しているので、何か子どもに普段と違う様子があれば気付くことができたり、

それについて尋ねたり、見守ったりすることができるかもしれません。

しかしながら、子どもに関心がない親の場合、子どもの異変に気付くのは子どもに何か起こってから

結果、親は何か起こってからでないと子どもに関心をもてないため、

その異変がなぜ起きたのかについて関心がもてず、その異変が一時的にでも解決すると、また事務的な会話しかできない親子に戻ってしまいます。

他者との関係の基本は親

そうやって子どもに関心を持たない親と接していると、それが他者とのコミュニケーションの基本となるため、

友人や社会に出てからのコミュニケーションでも同じ形をとります。

他者に無関心なうえ、相手を思いやるコミュニケーションができない子どもになる可能性が高いのです。

幼少時代を思い返すと、母から話しかけられた記憶がなく、引っ越し先の保育所では友人ができず、

保育所の敷地外にある畑のふちに座っていたり、ウサギ小屋でうさぎと遊んでいたりすることが多かった気がします。

今考えれば、母との会話がほとんどないことで言語能力が発達していなかったことも一因だと思います。

自分の感情を意識しにくい

そのような環境では、自分の感情を意識しにくく、感情を適切に表現することも難しくなります

もしかすると、親の感情に自分の感情が支配されることもあるかもしれません。

感情を意識できない中で、自然にでてきた感情を抑圧しつづけると、ますます自分の感情が分からなくなり、言葉に感情をのせて話すことができなくなっていきます

そんな風に10年以上、健全なコミュニケーションを養ってこなかったわけですが…

他人に対して健全な関心をもつためには(詮索や執着ではなく)、

感情を取り戻すこと、感情を意識することが不可欠です。

頭(浅い感情)ではなく、心(深い感情)に沿って生きることが自信をもつことに繋がる
『「普通がいい」という病』で、感情には「心」由来の深い感情と、「頭」由来の浅い感情の2種類があると知り、その内容がとても興味深いものだったので書いておきたいと思います。 「心」由来の深い感情とは まず、「心」由来の深い感情とはどういうものな...

『「普通がいい」という病』でも書かれているように、まずは、「感情の井戸」の1番上にある「怒」を排出し、感情を意識することが必要です。

感情は順番になっているため、「怒」を意識できなければ他の感情を意識することはできません

「心の吐き出しノート」に感情排出する効果は絶大
『「普通がいい」という病』(泉谷閑示、2006)で著者が提案していた、「心の吐き出しノート」。 ここ1ヵ月ほど続けていますが、抑えていた感情は膨大だったらしく排出量に驚いています…… また、思い出した時に気が済むまで何でも吐き出すようにして...

上記の方法で繰り返し行っていますが、行うたびに効果を実感しています。

時間はかかると思いますが…やっているうちに自然と、他人に対して健全な関心をもてるようになると思います。

タイトルとURLをコピーしました