うつ病者の脳は高齢者の脳と同じ

数年間しまいこんでいた加藤諦三氏の本(加藤諦三氏の著書)を数冊、最近再読しました。改めて読み返すと、当時は気付かなかったこと、腑に落ちなかったこと、理解に至らなかった内容が「そういうことだったんだなぁ」と思えてきました。

氏の本の中で、数年前には響かなかった「うつ病者の脳は年寄りと同じ」という言葉を見つけてハッとしたのも事実で、数年前、まだ30代なのにもう60年くらい生きた気がした自分と重なりました。

当時は何をやるにも脳が疲れた感覚があり、誰かに会うのも億劫で、筋肉をつけて肉体的に健康になってもそれは一時的なもので、心理的に健康でないせいなのか常に疲れやすい状態でした。何とか奮起しても短期間しか頑張れないのです。

周囲の人々からの言葉は責められているように感じるし、音楽を聴くのも読書をするのさえも疲れていました。周囲の人々の不快感にも敏感で、常に神経を消耗している感覚がありました。それが年寄りの脳と同じかと問われれば違うかもしれませんが、若々しい脳とは到底いえない状態だったと思います。

加藤諦三氏の著書に『心の休ませ方』(2006)という本がありますが、そこに印象的な箇所があったので抜粋します。

うつ病になるような人はあまりにも長い間悲しみに耐え、情緒的虐待に耐え、激しいストレスの中で生きてきた。周囲の人に利用されて生きてきた。(中略)そして脳がすり切れた。肉体年齢はどうであれ、その間に脳はあまりの苦しみで老化していたのである。しかし脳の老化は外には見えない。周囲の人はいつまでもきついことを要求し続ける(前褐書,143項)

当時は、まさか自分がうつ病ではないと思っていましたが、あらゆる本を読むにつれて、幼少期から数年前までずっとうつ病だったのではないか?と愕然としました。

いまあなたが静かに休むことであなたを蔑視する人がいれば、その人はあなたが頑張っている時には、あなたから搾取する人である(前褐書,145項)

自分を利用し続ける人から離れるのは、幼少期に「愛情を得たい」という感情欲求を抑圧した分だけ難しいと思います。

ただその抑圧した感情から心を背けず、真正面からじっくり向き合い抑圧した感情を浄化していくことで、うつ病になるような性質から脱却でき、搾取してくる人々からも離れられると感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加