「社会的に評価される正しいこと=自分がやりたいこと」ではない

最近、これまで生きてきた自分は、他人から自分を守るために作り上げた、偽りの自分だったことに気付きました…

周囲から求められた人生を生きていたことに、ようやく気付いたのです。

健康なだけでは認められない

もともと恥ずかしがり屋でおっちょこちょい、神経過敏で自信がないのですが…そんな感じだと、例え健康であっても、親や社会で認められることは難しいのが現代です。

そのため、誰からも認められない本来の自分を矯正し、認められる存在になろうと思いながらずっと生きてきました。

そして、より多くの人々から認められるように、偽りの自分を演じることで心身を犠牲にしてきました…

成績優秀、スポーツ万能、困っている人がいたら助けて、仕事では結果を出し続ける…そんな上っ面な自分を作り上げてきました。

そんな小手先の方法が長く続くわけもないのに、「世間の常識」「周囲の評価」に素直に従って生きていました。

やりたくないことは心身をおかしくする

原因不明ですが、幼少期から異常に追い詰められていたので、周囲には自分を攻撃してくる人ばかりだと思っていました。

実際、いろいろな事情から攻撃してくる人もいました。

そしてその攻撃から身を守るために、自分で自分の気持ちに嘘をつき続けました。

でも本音と相反する気持ちを持ち続けていると、ある日突然本当の感情を失ってしまいます…

そんな状況で「頑張りが足りないだけ」と自分を無理やり鼓舞しても、不安定な土台であるがゆえにすぐに行き詰ってしまいます。

本来の自分が求めていないことを無理してやっていれば、心身ともにおかしくなるのは当然ですが、それを長年気付けなかったのです。

世間の評価に沿って生きてきた

そう気付く前までは、

”社会的に評価される正しいこと=自分がやりたいこと”

だと思って生きていました。

そう思うことに対して、何の疑問も持たずに生きていたのです。

周囲の大人からそう生きるよう無言の圧力があったからなのか、自分の好きなことを考える余裕がなかったからなのか、それ以外なのか、その全部なのか、実際のところは分かりません。

でも、本来子どもは自由に生きる存在であり、周囲の社会にご機嫌取りしながら、不自由に生きる必要はないんですよね…

人生は一度きり、健康寿命は長くない

将来に希望もなく、生きる意味を考えながら幼少期を過ごし、その後は仕事で結果を残すことだけを考えて生きてきました。

ただ、それで行き詰りました。

行き詰って思ったことは、「人生は一度きり、健康寿命は長くない、やりたいことをやって生きよう」でした。

そう思えたのは、好きでもない分野で努力し評価されても、虚しいだけと気付いたから。

気付いた後、それを実際に行動に移して、その行動を継続できるかは、また別の話ですが、少しずつ少しずつ希望が持てる生き方になっているような気がします。

タイトルとURLをコピーしました