35年生きてきて、やっと自分はHSPだと分かった

HSPとはHighly Sensitive Person(ハイリー・センシィティブ・パーソン)の略で、感覚が敏感すぎたり繊細すぎたりして生きづらさを抱えている人のことだそうです。

世の中の5人に1人はこの気質を持っているそうですが、残りの4人はそうではないため一般的には理解されにくい気質だといわれています。

私がこの言葉を知ったのはほんの数か月前。仕事にストレスを抱え続けながら長年働いてきましたが、あるとき偶然ネットで関連記事で読んだのがきっかけです。

その後、仕事に関するストレスが増幅するに従ってHSP関連のネット記事を読み漁るようになり、最近ようやく自分がHSPだと確信を得ました。

それまではうつ病だったり、燃え尽き症候群だったり、自律神経失調症だったり、かいつまんだ断片的な情報によって自分を捉えていました。「ただ精神的に弱いだけ」と。

夫からも気質の弱さを指摘されていましたし、自分でもよく30年以上も生きてこれたなと思っていましたから。

でも生きにくさの原因がHSPだと分かり、少しホッとしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加