幼少期の愛情不足は「評価を得るため」の努力を促す

親からの愛情に不安抱いている子どもの多くは、親の愛情を確かめる行動を多く取ります。

例えば、イタズラをして親を困らせたり、親から構ってもらえるよう気を引こうとしたり、親に褒められたくて好きでもないことをやったり。

とはいえ、それは子どもだけでなく大人にもみられる症状のようで、子ども時代に親から愛情を得られないまま大人になった人の多くは、親や世間からの評価を得るために異常な努力をするようです。

親からの肯定的なメッセージ

親から「いるだけで存在を認められ、何もしなくても価値がある」という肯定的なメッセージを受け取っている子どもの多くは、自己肯定感が高く、色々なことにチャレンジする力を持っています。

そうした子どもの行動の基準は、親や世間から評価されるか否かという点ではなく、自分がしたいこと・やりたいことか否かという点になります。

そして、その子どもが大人になったときには、身体を壊すまで異常に努力することは少なく、ある程度のところで自らストップをかけることができるようです。

親からの否定的なメッセージ

しかし、親や周囲から「いるだけでは存在を認められず、能力や功績がないと価値がない」という否定的なメッセージを受け取っている子どもの多くは、自己肯定感が低く、行動の基準が自分がしたいこと・やりたいことではなく周囲の評価になります。

そうした子どもが大人になると、身体を壊すほど異常な努力をするケースが多く、下手をすると過労死や自殺に追い込まれることになります。

個人より社会を優先

これらは私の周囲で起こったことからの推測ですが、日本人は親から否定的なメッセージを受け取って大人になる人が多い気がします。

その結果、自己肯定感が低い大人ばかりとなり、自分のやりたいことよりも世間や周囲の評価を重視する人ばかりの社会になっているように感じます。

自殺や過労死が多いのも、奴隷的に働かされて何の疑問も持たないのも、(教育が原因の面もありますが)根底には親が与える否定的なメッセージに原因があると思っています。

世間や社会に迷惑をかけることを、子ども時代から異常に禁止させるのが日本社会なので、子どもの人格よりも社会環境の維持の方が優先されている部分が多くあります。極端な場合では、子どもの人格さえ認めないこともあります。

ただそんな社会風土であっても、親が子どもに肯定的なメッセージを送れていれば多少違うと思うのですが、なぜ親は肯定的なメッセージを送れないのでしょうか?

子どもを取り巻く環境

その原因を考えると、日本が歩んできた歴史が大きく影響しているように思います。

幾度もの戦争を経て、衣食住がない貧しい時代、復興と親の苦労を軽減させるために必死に働いた時代、という風にこれまで子どもを取り巻く家庭環境・社会環境が過酷だったことが大きいと思います。

そんな環境では親自身に余裕がなく、子どもに肯定的メッセージを与えることが難かったのだろうと推測します…ただ今後、親が子どもに肯定的なメッセージを与えられる環境が増えれば、今とは違った社会になっていく気がします。

今後、子どもを取り巻く環境が温かく穏やかなものになって欲しいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加