自己愛が強い親による影響

今回は、最近読んだ『毒になる母 自己愛マザーに苦しむ子供』(キャリル・マクブライド,2015)に記載されていた興味深い内容をご紹介します。

ここで紹介するのは、自己愛マザーというより自己愛家庭という見方で、自己愛の強い家庭では子どもが親の欲求に応えることが当たり前になっていることが書かれています。

自己愛の蔓延する家庭では、家族のあいだに精神的なつながりがない。親密そうに見えても、親が自分のことで頭がいっぱいなため、家庭内にほんとうのコミュニケーションや結びつきは存在しない。

健全な家庭では親が子どもの欲求に応えるが、自己愛の強い家庭では子どもが親の欲求に応えなければならない。こうして親子の役目が逆転した家庭では、大人がほんとうの気持ちに向きあわず、子どもの情緒的な欲求にも応じない。(p93)

この文章を読んで、まさに私の親そのものだと思いました。両親は共に自分のことで頭がいっぱいだったので、親との結びつきが得られない私は同居していた祖父母にそれを求めていたような気がします。特に祖母は情緒的な欲求に応えてくれたので、親よりも結びつきがあったと自覚しています。

最近思ったことですが、私は10代までずっと親に振り回された人生を送っていたみたいで(繰り返される引っ越し、親のやりたいことが優先される)、実家を出るまで自己愛の強い両親の欲求に応え続けていたようです。

両親から拒否されてもひるまず、自分の欲求をしつこく伝えられれば良かったのですが、拒否された時のダメージに耐えられる自信がなく、結局親の欲求に応えることで自分を守っていました。

父は子どもが自分の評判や評価を上げるときにだけ興味関心を示し、母は自分のことで精一杯で(家事、仕事、義両親との同居、実家から疎遠、田舎生活、地域社会との関わり等)事務的な内容か怒る時にしか子どもと接さず、子どもにはほぼ無関心だった印象があります。

むしろ親にとって子どもは邪魔だった感覚さえあります。おそらく親にとっては、社会(学校や地域社会)に迷惑をかけない、世間に出しても恥ずかしくない子どもであればよく、子どもの個性を伸ばそうとか、子どもが何に興味があるか、そういうことには興味はなかったのだろうと思います。きっと親自身もそんな価値観の中で生きてきたのでしょう。

子どもと真に向き合う力がなかったのではないか、と思います。

ただ、そうやって自己愛の強い家庭で生きていると、

子どもは自分の感情を表したり、ほんとうの気持ちを感じたりできなくなる。成人後は対人関係の悩みを抱えやすい(p95)

状態となるそうですが…まさにその通りで、10代の頃までは感情の表し方が分からず会話も上手くいかなかったり、両親の前で繕うための偽の感情しか感じられなくなったりしていました。今は少しずつ改善していますが、それでもまだまだそれらの能力は低いと思います。

またそれだけでなく、

親に自分の欲求を満たしてもらえない子どもは、安心感や信頼感がもてず、自信ももてない(p95)

というのですが…まさに現状の私そのもの。10代の頃にアルバイト先の上司から「〇〇さんはもっと自信をもった方がいいよ」と言われたことをよく覚えていますが、それから10年以上経った今でも自信がもてずにいます…

いや正確にいうと、自分が得意な分野においては自信がもてるのですが、そうではない引け目を感じてしまう場面では全く自信がまったく持てません。それはおそらく、年相応の情緒的成長ができなかったこととも関係があると思います。

とここまで、自己愛家庭に育った子どもに関して書いたのですが、最初は自己愛家庭に育ったこと自体信じられなかったし、正直信じたくありませんでした。親が大変な中育ててくれた事実には変わりがないですし、そんな親を悪く言うことにも気が引けたからです。

でも自己愛家庭で育った現実を認め、当時の感情と真正面から向き合って感情を浄化し、自己愛家庭でもたらされた悪影響から脱しなければ、自分の人生がいっこうに前に進めない気がしたため、かなり辛い作業ですが自己愛に向き合い始めました。

自己愛人間は自分を精一杯よく見せ、自分が特別ですばらしい人間だと世間に思われたい。本気でそう思いこんでいることさえある。けれどその中心にあるのは、充分に発達しなかった不完全でちっぽけな自己感覚だ(p100)

数年前までの私はまさにこんな状態でしたし、今もこうした傾向があるかもしれませんが、遅ればせながら人間として必要な情緒を、今後時間をかけて育んでいきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加