『あふれるまで愛をそそぐ 6歳までの子育て』幼い自分を育てる

自分が自分の養育者になる、と決めてから、子育てをするお母さんが読むであろう本を読んでいます。

以前、事あるごとに母が「私は子どもに話しかけなかったから…」と言っていましたが、

確かに、母は子どもに無関心で(というか子どもが嫌い)、幼少期印象に残っているのは私を睨みつける姿…

母は私を待っているとき、よく睨みつけるような顔で見ていました。

そんな感じで幼少期の記憶に母との会話や接触がほとんどないため、

もう一度幼少時代をやり直す必要性を感じて、いくつかの本を読み始めたのです。

読んでいる中で、画像の本ではないのですがやはり子育て系の本に、

「あなたが恵まれた幼少期を過ごしたか?」を判断できるチェックシートがあったのでやってみたところ、

「あなたは恵まれない幼少期だったようです」との診断が出て…

なんとなく分かっていたものの、事実をハッキリ突き付けられたせいか悲しさがこみあげてきました。

ただ、ハッキリ分かったからこそ、やはり自分が自分の養育者になり、

幼い自分に欲望ではなく愛情を与えよう!と決心。

決心後に読み始めて涙が止まらなくなったのが、『あふれるまで愛をそそぐ 6歳までの子育て』(本吉圓子、2006)。

母から、「あなたの父はとても子煩悩で、過剰なくらい愛されていた」と聞かされていた私は、ここ最近までずっと愛情たっぷりに育ったんだと思っていました。

でも、そうではなかった、とこの本を読んでいて気付いてしまいました…

母は恵まれない家庭環境だったそうで(幼い頃からいろいろ聞かされた…)、親に恵まれているように見える私に嫉妬していたのと、

情緒的な成熟ができていなかったのに子どもを産んだことで、

子どもに愛情を与えるよりも、自分の心の葛藤を解決するほうが優先されていた印象があります。

おそらくそれは父も…

両親とも、子どもと関わることを避けていたようなところがありました。

読みながら「私はものすごく寂しかったんだなぁ」と気付くとともに、どれだけ愛情不足で生きていたかにも気付かされました。

一生かかることかもしれませんが…自分が養育者となることで、幼い自分を育てていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました