頑張りすぎると自分だけでなく家族も傷付けてしまう

日本社会では、忙しいことを尊ぶ・誇る風土があります。

にもかかわらず、忙しさによって自分や家族を苦しめていることには無頓着です…

むしろ「仕方ないこと」と捉えていることが多く、それがますます悪循環を生んでいる気がします。

日本人の生活リズムの基本は、義務教育時代に作られている気がしますが、その生活リズムは忙しすぎるものがほとんどです。

英才教育を受けていれば朝から深夜まで勉強漬けの日々でしょうし、公立学校であれば部活動への参加が義務付けられていることも多く、勉強と両立させるために拷問に近い生活体系となっていることが多いです。

そんな風に子どもも忙しいのですが、大人はもっと多忙…

単身赴任でなくとも、1週間ときには1ヵ月、子どもとほとんど顔を合わせない父親も多いと聞きます。

そのため、家族が一緒に過ごす時間はもとより、各々が自分の時間を確保するのさえ難しい状況です…

そんなとき、日本でよく用いられるのが「頑張る」という思想。

「頑張る」という言葉は江戸時代から出てきたそうですが、その語源は「眼張る(一定の場所から動かない)」や「我を張る(自分の考えを通す)」だそうです。

ただ、現代の「頑張る」は根性論や精神論に近い部分も多く、不可能なことでも「頑張れば何とかなる」という感じで、幼少期から人を酷使させている印象を受けます。

これまで、そうやって頑張りすぎて疲れ果ててしまった人を何人も見てきましたが、きっと当人だけでなく周囲にいる人もしんどい状態だったと思います…

頑張りすぎる人は周囲にもそれを強制する場合が多く、「自分はこんなに頑張っているのに」というマイナス感情を発しながら、周囲も苦しめている場合が多いです。

もちろん、目標・目的を達成するために日々努力するのは大切なことだと思いますが、そこには根性論や精神論ではない技術面での向上が不可欠です。

技術面での向上が全く見込めないにもかかわらず、根性論や精神論をふりかざして人を酷使するのは時代錯誤だと思います。

家族や大切な人を犠牲にしていないならまだしも、そのことで家族を犠牲にし、自分の体も傷めつけているのであれば、根性論や精神論的に頑張ることはやめたほうがいい気がしています。

タイトルとURLをコピーしました