HSPだから睡眠時間が長く必要だったのかと納得

社会人となってから、仕事上の対人関係ストレス(多くは感情労働)を解消するために、睡眠時間を長くとってきたように思いますが、それがHSPの影響だと気付いたのは最近になってからです。

幼少期は親の影響と多忙な生活もあり、基本的には短時間睡眠人間でした。

ただ短時間睡眠だとイライラしたり、衝動的な言動・行動をとりやすくなったり、神経過敏になったり、メンタルが不安定になったり、体調不良になったりなど心身ともに支障をきたすことが多かったので、資質的に合わないようです。

最近自分がHSPだと知って、さらにはHSPは睡眠時間が長く必要と知ったことで、長時間睡眠をとってきた自分を肯定的に受けとめられた気がしました。

「睡眠時間の必要量は個人差がある」という認識がようやく広まりつつあるので、長時間睡眠への理解も少しずつ得られ始めているかもしれません。

が、旧態依然とした考え方をもつ人が多い環境では、一般的と思われる睡眠時間以上をとることへの批判的概念も根強いと思います。

特に日本社会ではその傾向が強く、子どもの頃から滅私奉公的なメンタルを叩きこまれるので、長時間睡眠を必要とするHSP気質をもつ人々がまだまだ生きにくい社会なのかなと思います。

今後社会がどう変化していくのか分かりませんが、長時間睡眠の人々が生きやすい社会になればなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました