「他人を攻撃・邪魔する人」は現状に不満

世の中には、自由に生きている人や好きに生きている人を、イジメたり邪魔したり攻撃したり潰したりする人がいます。

そんな人は、「忙しい」「疲れた」と言いながらも、他人を攻撃する力は莫大にあるのが特徴です。

そうなってしまう原因に、その人の心の中に憎しみが溜まっていることが挙げられます。

憎しみが溜まっていると、素直な形で他人に接することができず、歪んだ形でしか他人に絡むことができなくなるそうです。

ゆえに、憎しみを解消できずに生きている人は、他人から満たされた生活を送っているように見えても、心に不満を抱えていることが多いので、自由に生きている人や好きに生きている人を攻撃してしまうのです。

それは、憎しみを解消するまで永遠に続き、何を得ても心が満たされることがありません。

満足した人生を送っている人は、他人を攻撃することに時間や労力を費やすことはしませんが、不満な人は憎しみをはらす対象に、時間や労力を使うことに生きがいを感じているため、他人を攻撃し続けてしまいます

自分が得たくても得られなかったこと、やりたくてもやれなかったことをやっている人を見ると、放っておくことができないのでしょう…

とはいえ、不満があっても皆が皆、そのような対応をとる訳ではありません。心にある憎しみを上手く解消させながら生きている人もいます。

でも、そうできない人もいて、そうした人は他人を攻撃することでしか感情の折り合いを付けられないようなので(「周りにいる攻撃的な人から身を守る方法 」)、酷い場合には物理的に距離をとった方がいいのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました