子どもをバカにする親とは距離を置く

今日の記事は、親との関係が上手くいっている方には不快に感じる内容であることを始めに断っておきます。

親の中には、口では体裁の良いことを言っていても、心の中では自分たちより出来の良くない子どもを、バカにし見下している人がいます。いわゆる毒親です。

そういう毒親の多くは自己肯定感が低いため、子どもを励ます、応援する、その子どもが何が好きなのかを見つけようとする、ことはしません。

世間一般の価値観に子どもを縛りつけ、学歴重視もしくは何らかの運動能力に秀でることを求めます。子どもが好きでもない習い事を強制的にさせて、親が自己満足に浸るのも同様です。外面がいいんです。

ゆえに、子どもに対して「こんなことも分からないのか?」という言葉をかけたり、「こんなこともできないのか?」という態度をしたりします。

子どもには、親が自分を見下しバカにしているかどうかなんて、すぐに分かりますから、親との距離はどんどん広がり仮面親子となっていきます。そして、いつしかそんな親への嫌悪感は爆発を超え、絶縁か疎遠状態になるのです。

褒めなくても励まさなくても、せめて、けなすことさえなければ、子どもは傷付くことなく、マシな親子関係を継続できるのかもしれません。

私が幼少期を過ごした田舎では、閉鎖的村社会であることが多いためか、「家の評判・評価を下げる子どもは認めない」という親が多かったので、けなされて精神病になった子どもを多く知っています。

そんな子ども時代を経験してしまうと、親に会うこと自体が不快になるので、実家を出て、必要最低限の接触か、何もなければ数十年単位で会わないか、になると思います。ただ、その方が平和的精神状態を享受できるので、子ども側のためになるのです。

ゆえに、子どもを見下しバカにする親とは、一定の距離をとることが必要だと思います(人をバカにし軽く扱う人間は「心の中で切り捨てる」)。例え、周囲に何と言われようと。

それが幸せになる方法でもありますし、好きな人生を送るためには不可欠な選択です。人生は1度きりなので、その人生を、例え親とはいえ他人に使われるのはおかしい。自分の幸福を邪魔する親は、例え親でも距離を置くしかないと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加