数年後に巨人版の「タナ・キク・マル+スズ」なんてことになりませんように

年末~年明けにおける一連のFA騒動、契約更改、メディア出演などで、私はある可能性を感じてしまいました…

その可能性とは、昨シーズンにおける3番丸だけでなく、数年後には2番菊池・4番誠也くんも巨人へ行ってしまい、巨人版の「タナ・キク・マル+スズ」を完成させるのではないか……というもの。

広輔は、カープ入りの際に巨人入団を断っているので移籍する可能性は低いと思います。が、誠也くんは、丸と同様、出身は関東で幼少期からの巨人ファン。ユニフォームにも憧れがあるみたいなので、3年後には巨人へ行くでしょう…

だいたい、その頃にはカープが誠也くんの年棒を支払えなくなるだろう…

そして菊池は年末、来年のメジャー挑戦について言及しましたが、それも海外からのオファーがあればこそ。もしなければカープに留まるか、カープが年棒を払えなければ巨人もしくは中日へ行くことが考えられるでしょう…

そして考えたくないことですが、もし菊池が巨人へ行ってしまえば、巨人にて菊池、丸、誠也くんが躍動することになり、そこへ広輔の弟が加われば「タナ・キク・マル+スズ」の完成…

もちろん、現時点では吉川や坂本、岡本がいるので、そうなる可能性は低いでしょう。が、原政権ではあり得ます…

岡本の活躍次第ではありますが、誠也くんは巨人へ行けば4番は無理でも、5番を担う可能性は大いに考えられます。

そうなると、カープの外野には再び空きができますから、柳田(の年棒をカープが払えれば)がカープに来るかもしれません…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加