タッキーの元祖スぺオキは山ピーだった!

タッキーが直々にスカウトした嵐・松潤は、ジャニーズ内では選考なしの「エリート」と呼ばれる存在。ただ、タッキーの元祖スぺオキは何と言っても、山ピー!

「山P」という愛称をタッキーが付けたのは有名な話で、逆に山ピーもジャニーズ事務所に入所した理由はタッキーをテレビで見たから。

そんなタイプの異なるイケメンですが、レベルが高すぎるとお互いに惹かれ合うのかもなぁと妙に納得してしまう話です。

その後、山ピーがジャニーズ事務所に入所した暁には、憧れのタッキーからこれでもか!というほどの寵愛を受けることになります。

それは同時代にJr.だった生田斗真も認めるほどで、タッキーは山ピーが入所後すぐに「おまえ、可愛いな」と山ピーに目をかけて以降、何かと面倒を見ていたようです。




例えば、山ピーに「欲しいもの何でも買ってあげるよ」と言ったり、山ピーを「俺の息子だ」と冗談で周囲に言いふらしたり。

タッキーの山ピー寵愛ぶりは半端なかったみたいですね(笑) 山ピーも絶大な人気を誇るタッキーから寵愛されて、嬉しくて仕方なかったはず。

ただ山ピーはその後、生田くん、長谷川くん、風間くんとともに「FOUR TOPS」として活動していったので、タッキーとの絡みは減っていった感じがあります。

とはいえ山ピーはタッキーに対して最近、「タッキーなくして今の僕はない」と、尊敬の念があることを話していましたから、心には寵愛された過去に対する感謝の気持ちが流れているのでしょう。

ちなみに、今年のカウコンで「FOUR TOPS」が復活するらしいので、少々楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加