自分の凄さを分かっていない黒田がもたらす後輩への影響

カープにとって(プロ野球界にとって?)伝説的投手となった黒田。大リーグに行く前からもちろん魅力的でしたが、帰国後~引退~引退後の生き様などはより魅力的です。

生粋の大阪人らしくトークも面白いし、解説も的確で分かりやすいし、声も外見も男前だし、謙虚だし、ファン目線だし…と魅力的な部分は多々あります(笑)

ただ、そんな黒田にも???な部分はあるもので、

  1. 新井さん関連の話題になると、言動・行動ともに壊れる
  2. 自分の凄さを分かっていない
  3. 結果、後輩への過剰な期待を寄せてしまう

というもの。1については過去に書いたので、今回は2・3について。

黒田は20年間、日本と大リーグのプロの世界でそれぞれ結果を残しました。しかも最初から最後まで、先発投手として先発ローテを守りながら。

「野球を楽しいと思ったことは1度もない」という言葉からも、その野球人生がどれだけ過酷なものだったかを表しています…

そんな黒田は後輩投手からも絶大な支持を集めているのは周知ですが、新井さん同様、誰に対しても分け隔てなくアドバイスをしています。

そんな中で気になるのが、後輩投手の投球・活躍を見る中で黒田が、「これからは〇〇(投手の名前)が中心となって投手陣をまとめて引っ張っていって欲しい」と、名前を挙げた投手がその後軒並み調子を落としてしまうこと……

まずは、ノムスケ。野村祐輔―黒田のおかげで取り戻せた自信でも書きましたが、黒田にゾッコンのノムスケが、2016年復活後、黒田から「これからは野村や福井が中心となって~」という発言の後、徐々に調子を落としています…

次に、福井。今年楽天へトレードされてしまいましたが、上記発言後から調子が上がらなくなってしまいました…

そして、岡ちゃん。岡ちゃんは2017年シーズン開始前、黒田から今季注目の投手と言われ、確かに10勝を挙げました。が、2018年はご覧の通り…自慢のストレートで侍ジャパンには選ばれましたが、うーん……結婚したから来シーズンは変わるかな?

最後は、永川。今季途中、黒田から「これからは永川が中心となって投手陣を引っ張っていって~」と言われていたのですが、その後永川は後輩の自責点を上げるだけ上げて、打たれまくり結局2軍落ちしてしまいました…

そんな私が来季心配するのは、もちろん大瀬良!黒田から助言をもらいまくり、来季が正念場と期待をかけられているので本当に心配です…

もちろん、リーグ制覇を成し遂げるチームの先発投手であれば、研究尽くされるがゆえに翌年以降に調子が下がっていくのはままあることです。優勝するチームで3年間フルで出続けて、調子を維持し続けるなんてものすごく大変ですからね…

が、中でも黒田から期待をかけられ名前を挙げられた選手は、軒並みその後の調子が落ちています…

私の勝手な推測ですが、黒田は自分と同じように誰もができると考えていて、それが後輩の重すぎる期待?となり、結果その期待を背負い過ぎた後輩(もしくは黒田に褒められて努力しなくなった?後輩)は潰れていくのではないかと予想…

そう思うと、合点がいくのです。

もし自分自身を凄いと思っていたら、誰も自分とは同じようにはできないから助言しても無駄と思って、後輩に真摯に助言なんてしないはず。ところが、黒田は誰にでも分け隔てなく、教えを請われれば言葉と行動を尽くして真摯に助言をします。

あそこまでの人が、奢ったところを持たない…恐ろしいほど謙虚だからこそ、できることです。

が、そうやって自分の凄さを自覚していない(凄いと思っていないから自覚できない)がゆえに、後輩にも期待をかけてしまうし、黒田みたいに凄くないのに「お前にもできるよ」的な助言をしてしまう!!!

結果、過剰な期待に押しつぶされるのか努力しなくなるのか?、調子が下落(しているように見える)していっているような気が…

黒田----!頼むから自分の凄さを自覚してくれ!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加