丸とベンチでよく話していた東出コーチは寂しいかも

昨日、優勝旅行へと旅立ったカープ選手。

ただ、新井さんが最後だというのに、旅行メンバーは少々寂しいものでした。投手陣もそうだけど、野手陣の参加は特に少なくて、誠也くんも安部も野間も行っていない…

リーグ3連覇しても手放しで喜べる状況になく、「旅行どころじゃない」と思っているのかもしれません……でもそうだとしたら何か可哀想。

ただ、アドゥワは菊池?に変な被り物を命じられて…その横にいた緒方はスルーw 菊池なりの気遣いはいつも強硬です(笑)

そんなカープですが、来季はコーチも少々寂しい思いをするかもしれません。特に、東出コーチは。

同期の新井さんがいなくなる以外に(それは逆に良いかも?)、試合中ベンチで野球論議を熱く交わしていた丸がいなくなるからです。

東出とあんなに長く熱心に話し込んでいた選手、他にいなかったですから。

そんな丸や新井さん以外に、今年カープからは多くの選手が去っていきました。

そんな訳で、来季のカープは3連覇したカープとは自然とムードが変わってくるでしょう。

そうでなくとも、セリーグ他球団の様相も変わってきているので、全く違ったチームになる必要があります。

ウィ―ランドが去ったベイスターズは、三浦大輔(投手コーチ)の台頭でどうなるか未知数です。とりあえず、先発左腕とソトは注意したい。筒香のMLB挑戦は来季になるようなので、断食をした筒香はカープ戦以外で活躍して頂きたい。

ガルシアが退団した中日は、与田新監督と伊東ヘッドでどうなるか1番怖いです。とはいえ、今季唯一負け越しているチームなので、ナゴドに強くなって欲しいです。18番を背負った年棒1億の松坂がどうなるのかと(バラエティ出過ぎ)、根尾選手がチームに与える影響が気になります。

金本を退団へと追いやった阪神は、矢野新監督体制でどう変われるのか?気になります。独特OBとメディアがチームに与える影響は計り知れず、藤浪の再起が待ち遠しいです(カープ戦以外で)。

第3次原内閣の巨人は、コーチ経験のない宮本などイエスマン首脳陣が、丸の加わった個人主義の選手に対してどう作用するのか気になります。丸がチームへ与える影響も気になります。

最後に、今季読売銀行よりも多くの貯金を提供してくれたヤクルトですが、小川監督は来季も宮本ヘッドを中心としてヤクルトらしい?戦いをすることでしょう。カープ戦は特に無難であって欲しい。

と、そんなセリーグ5球団ですが、王者・ソフトバンクを倒すためには、これまでのカープとは異なったチームになる必要があります。

現状の緒方采配ではペナントレースは乗り切れても短期決戦は難しいので、そんな状況下で日本一となるにはどうすべきなのか…

研究され尽くされても、打って走って守れて勝てる方法をカープ選手は各々自問自答しているのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加