ベイスターズやドラゴンズや菅野先発の巨人と戦うよりも!

日本シリーズ2戦を終えて、1勝1引き分け。マツダで2勝したかったところですが、個人的にはマツダで負けなかったことに大きな意味があると思います。

もちろん、過去のデータから言えばソフトバンクにはチームとして負け越していたり、打たれまくっていたり、あまり相性の良い球団とは言えません。

しかも、現データからいっても戦力・財力ともに敵わなかったり、カープOB達川が入閣していたり、プラス要因が少ない印象です。

が、最近のカープはシーズン中よりもいい戦いをしている印象を受けます。緒方の采配に余裕が出てきたこともあると思いますが(コーチの意見を汲み)、各選手同士刺激し合ってよいプレーに繋がっている感があります。

また、シーズンを戦ってきたセリーグには、カープにとってソフトバンクよりも苦手としていた球団がありました。

それが昨季サヨナラ3連敗を期し、今季も相性の良くなかった横浜ベイスターズです。シーズン中1度はハマスタへ応援しに行きますが、毎回大量点差で勝っていても勝っている気がせず、試合が終わるまで嫌な感じが続くチームです。

また、ベイスターズほどにはないにしても、今季セリーグ内で唯一負け越してしまった球団、ドラゴンズ。今季のカープは特にナゴヤドームが苦手で、毎回打たれて連敗していました。

そんな2球団がCSに来なかったことはカープにとって救いでしたが、その苦手な2球団とシーズン中に戦ってきたことが日本シリーズで生き始めています。

同じ苦手の青い球団とはいえ、タイプの違った球団と戦って快勝してこなかったことが、根気勝負のソフトバンク戦でプラスとなっているのです。

また、CSファイナルでは対戦しませんでしたが、シーズン終盤に巨人・菅野と対戦できたこともカープには大きかったと思います。菅野は小林と組んでシーズン終盤に異次元の投球を見せつけていましたが、そんな菅野と対戦したことが今生きている気がします。

そして、これは多くの人が指摘していることですが、新井さんショックから立ち直り、シーズン終盤に見られた各選手の疲れが少し癒えてきたことも大きいです。投手陣から特に感じます。

有能監督・コーチ・一流エリート選手を集めたからといって、誰もが優勝できるわけではありません。そこには、シーズン中に積み重ねてきたチーム独自の戦い方と、その中で引き寄せる流れ、運が必要です。

「先発投手の調子が良く、打つべき人が打ったチームが勝つ」のは最もですが、根底には選手の集中力とそれによって引き寄せた流れと運が不可欠なのです。

今後カープは敵地で3連戦を迎えますが、その敵地で1勝でもできれば上出来。

何といっても重要なのは敵地初戦。先発は九里で、リーグ優勝日、CS優勝日と先発を務めた今季のキーマンです。彼のピッチングが今日本シリーズを左右するといっても過言ではありません。

少しずつ調子が回復しているカープ選手に、テレビ前からですが大声援を送り続けたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加