佐々岡が監督になったら先発投手陣は戦々恐々かも

出典:http://koisoku.ldblog.jp/archives/35965281.html

カープ監督の既定路線は、緒方の次は佐々岡で、その次は前田、次に黒田、新井さんと続く形になっています。1人5年として、新井さんが監督になるのはあと15年以上先か……

さて、先週、佐々岡が2軍投手コーチから1軍投手コーチへ配置転換されましたが、これは来季で監督5年目となる緒方の後任を見据えた人事でしょう(ベイスターズの三浦同様)。

ただ、小林幹英との交換人事?のようなので、試合中はブルペンにいる模様。

とはいえ、そんな感じで佐々岡が監督となる準備が着実に進められている訳ですが、現役時代の佐々岡よろしく、完投が当たり前!の根性論そのままに監督となった場合、カープ先発投手陣には違う意味での暗黒時代が待っていることでしょう。

特に、ノムスケ!

現状、投げて6回、下手すると5回で降板するノムスケに、佐々岡は「最後まで行け!」と無理やり完投を課しそう…心配。

そして打たれまくったノムスケに、佐々岡は「スタミナ不足だから走り込みしろ!!」という感じで別メニューを課しそう…心配(あくまで予想)。

そして、挙句の果てには「一球入魂すれば打たれない!!!」とか言って、魂?改造を要求しそう…かなり心配。

でも問題は技術面なので(2巡目に打たれないようにするなど)、個人的には佐々岡にはそこを改造してもらいたい!まあそれは、監督になる前の投手コーチ時代にお願いしたいけど。

ただ全体的な問題は、従順で協調性の高いさとり世代(ゆとり世代の次)のカープ投手陣に、前時代的な根性論が果たして通じるのか???ということ。

特に先発。

ジョンソンは別格、大瀬良と九里は先発としての自覚が出てきたけど、ノムスケは不安定(公務員とか言われてるし)、岡ちゃんはふわふわ?(しっかりしろ)、中村祐太もまだまだ、その他先発投手は不明(床田はまだ?加藤くんはどこへ?薮田SNSやめなさい)な現状…

本当に来季そしてその先、勝ち続けることができるのか不安でしょうがない…

でも、佐々岡が監督になったらそんな先発投手陣の現状に、少しは良い変化が見られるかもしれない。

という訳で、佐々岡節のカープも実は楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加