カープ3連覇が決まった翌日のスポーツ紙を買って余韻に浸る

カープ優勝翌日にスポーツ紙を買うのが、一昨年からの習慣?になっているので、今年ももれなく購入しました。一昨年25年ぶりの優勝時は、朝早いコンビニでも軒並み在庫不足気味でしたが、一昨年はそこそこ、そして今年は潤沢にありました。

2016年→カープ25年ぶり優勝後のスポーツ紙各紙と特別号

2017年→広島カープ優勝スポーツ紙まとめ買い!

有難味が薄れたのか、優勝に対する慣れがあるのか、各社が発行部数を増やしたのかは不明ですが、何十年も暗黒時代しか知らなかった私の様なファンからすれば、似たり寄ったりの内容でも優勝、そして今年は3連覇の証になる訳で、代えがたい品なのです。

一昨年はNHK、昨年はJSPORTS、そして今年はDAZNと、試合観戦会社は変化していますが、毎年リアルタイムで優勝を見届けることができ有難く思います。また、昨年・今年は仕事の関係で生中継で観られないかと思っていたので、本当に嬉しかったです。

そして特に今年は、3連覇と新井さん引退表明年でもあったわけで、新井さんの現役最後の姿をできる限り多く目にしたいと思っていましたから、格別な気持ちでした。スポーツ紙各社とも新井さんのことを掲載し、各々の方法で労っていましたね。

それにしても、緒方は熱くて不器用で頑固な監督ですが、最後まで目立とうとしない役者ですね。元プロ野球選手な訳だし、盗塁王やゴールデングラブを何度も獲っているし、ルックス抜群のイケメンだし、球団史上初の3連覇監督だし、「俺が俺が」と前に出るのが普通だと思うのですが、出てくるのは奥様だけ(笑)

前時代的な野球ではない、新井さんや黒田が理想とした野球を緒方自身もまた描き、そしてコーチと共に更に発展させ、それが運よく育ってきた選手とマッチしたのかもしれません。

ただ、マッチさせると一言ではいえど、黒田・石原・新井さん・小窪が、投手と野手、ベテランと若手を、1つの方向へと結束させることができたからに他ならないと思いますが。

勝負事ですから、やはり緒方に運がなければ3連覇は無理だったと思います。松下幸之助さんも仰っていましたよね、「成功するために備えていなければならないことが3つある、1つは可愛い気、2つ目は後ろ姿、そして3つ目は運だ」と。

成功をどこと捉えるのかは人それぞれですが、監督として3連覇できた緒方は成功者といえると思います。そして、それができた緒方は間違いなく強運です。努力だけで運は引き寄せられませんから、カープ一筋ひたすら歩んできた結果そうなってきたのかもしれません。身体がボロボロになりながらも。

もちろん、カープファンとして日本一を目指して欲しいですが、個人的には緒方に、本当に本当に本当にお疲れ様と言いたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加