タナキクマルの約束「見ている人は見ているって」

今季WBCの影響もあり打撃不振に苦しんだ菊池が、シーズン中に代打を送られたときにベンチ裏に行こうとしたけど、思いとどまったという話がありました。

体がいうことをきかずに重く、突き指や足に不安が伴い、不眠症になり、本当にしんどいシーズンだったと振り返ります。

が、そんな中でもいろんな人から「思っている以上に影響力あるよ」と言われ、シーズン中に広輔、丸ともに3人で話したそうです。

そこで、バットを投げたり、判定に文句言ったりする選手もいるけど、「俺らはやらんとこうな」って3人で約束したのだそうです。

菊池は丸と共にチームを引っ張ってきた存在。成績が伴わない中、不器用ながらも暗いチームを何とか明るくしたい一心で必死に引っ張ってきました。

ここまで来るまでには紆余曲折があり、小窪や新井さんの存在がプラスに働いたことも影響していると思います。

それでも素晴らしい守備・走塁・攻撃力を支えているのは間違いなく、菊池、丸、そして広輔です。この3人が必死にキャンプからチーム全体を引っ張ってきた。

タナキクマルという自分たちの行動・言動がいかにチームに影響を与えるかを感じ、それをきちんと姿勢で示し続けたことはものすごく大きなことだと思います。

今後CS、日シリと戦っていく中で、3人の活躍がより求められると思いますが、きっとこの3人ならゲームの流れを引き寄せられるはずです。

偶然や奇跡は努力した人にしか起こりませんから、野球の神様は新井さんに付いてきたように、この3人にも付くのではないか?と思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加