地元優勝へのプレッシャーか?ヤクルトの粘りに一歩及ばず胴上げお預け

出典:https://carp.ho2.info/page/2

何と何と、台風の中せっかく試合を実施したのに逆転負けとは……後半のヤクルトの粘りにまさかの敗戦とは誰が予想したことでしょう。

ホームでの優勝というプレッシャーがあまりにも大きすぎたこともあると思いますが…。

午前中に阪神中日戦が中止と発表された時点で試合は中止かと思っていました。が、NPBは開始時間を30分遅らせて試合実施を決定。

心のスタミナはあった薮田でしたが、ここまでの疲れが球の高さに表れていたような気がします。それでも、大松に4-4の同点にされた時点(6回2/3)で降板。

ピンチで出てきた一岡が四球を出しながらも必死に抑えます。が、その後出てきた今村がまたまた崩れるという…。

今日までに投手陣で最多の67試合に登板しているためか、フォークボールがほとんど決まりません。決まらないのに會澤もフォークを要求…結果四球を連発して満塁のピンチに…。

が、消防士中田廉が1球で完璧火消を行い、何とか1失点で抑えます。しかし、この1点が痛かった…一昨日のDeNA戦のカープのような勝ち方で、ヤクルトが勝ち越したまま試合は終了してしまいました。

あー台風が早く行ってしまって明日試合をやって勝利して、マツダで胴上げ&ビールかけができる可能性は残っていないのでしょうか???

そうでないと、18日の甲子園で決まる可能性が出てきてしまいます…昨年同様NHK全国放送で解説の大野の引きがあまりに強いのか?www

選手のためにもチーム関係者のためにもファンのためにも、ホームで決めてあげて欲しい!その機会を台風は邪魔しないで欲しいと切に願うばかりです。

ちなみに、今日の試合の良い点を見つけるとすれば、久々に新井さんの快音(ソロHR)が聴けたこと(やっぱりライアンと相性が良いんだな)と、バティスタの守備と走塁が向上?している様子が見れたことです。

また、ソフトバンクは西武を下して優勝を決めたそうですから、59年ぶりのセパ同時優勝は回避できたので、興業的には良かったみたいですが。

明日以降、失点が多ければその分得点も重ねて欲しいところですが、こればっかりは流れや相性もありますからね。今日は相当残念で仕方ありませんが…また明日以降に期待です!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加