暗黒時代にはこんなことしょっちゅうだった

そういえば、市民球場時代に21-2で負けた試合がありました。確か相手は阪神で、攻撃時間がいやに長かったことを覚えています。

当時は、年間数十回観戦に行っても勝てる試合は1度も見れないことはザラだったので、たいして試合は覚えていませんが、20点を超えた試合はさすがに覚えています(笑)

ただ、そんな風に毎回負けるけど、それでも応援歌覚えて声張り上げてスクワット応援していました。それが選手の力になると信じてね。

当時は親の影響が大きかったですが、親が旅立った今でもカープファンです。それはナゼか?

自分でもよく分かりませんがw、他球団かに象徴されるような拝金主義とは真っ向から対立した球団だからでしょうね。

財力があればいくらでも良い選手を集めることはできますが、カープはそれをできずに戦ってきました。

カープが暗黒時代、他球団からそれはそれは偉大な記録を残した選手が大量に出現しました。カープは負けてばかりで酷い試合が山ほどあって、本当に笑っちゃうことばかりでした。

ゲスいヤジも相当あったし、ビン持ち込み可だったので酷い惨状w そんな時代を経て思うことは、今のカープはよくやっとる!!!ということ。

暗黒時代からここまできた新井さんと石原はそれをよ~く感じているでしょうね。今は批判もすごいですがこれも有名税。それに、批判なんてしょせん結果論。

選手や首脳陣には批判は爆応援と思って、存分に力を発揮して欲しいです!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加