迎コーチが打撃陣に与える影響

出典:http://akinomono.jp/?tag=%E8%BF%8E%E7%A5%90%E4%B8%80%E9%83%8E

昨年から正式に打撃コーチとなり、タクロー・東出と共に一軍指導を担っている迎コーチ。

2000年に高卒ドラ3でオリックスに入団後、2010年にカープにトレード。2015年に打撃コーチ補佐として新井宏昌打撃コーチの下で学び、今に至ります。

タクローや東出と違い現役時代の実績に乏しいので目立たない存在ですが、打撃陣に与える影響は大きいみたいです。

東出コーチは、迎コーチのことを「矢面に立つ一番嫌な役目を担ってくれている」と高く評価していて、それは、間違ったことをしている選手がいたら、レギュラー関係なく叱る!などの行動面に表れています。

確かに、個性の若い集団をまとめていくにはこうした人がいないと、同じ方向を向いて継続してプレーはできない気がします。

ただ、迎コーチが厳しいとは意外でした!若いコ―チなので、選手と距離が近いのかと思っていましたが、線引きをしっかりしているんですね。

とはいえ、連日行う若手の早出特打で選手に付きっきりだったり、打撃投手として野手に100球以上を投げ込んだり、試合終了後には選手の反省会にも付き合ったり…自分の時間を惜しみなく選手に使っているようです。すごい…。

そういう訳で、細かい部分で各野手を支えているのは、実は迎コーチなのかもしれません。若いから体力もありそうだしw

ここ最近、カープが貧打にあえいでいますが、そろそろレッドマシンガン打線を復活させて、優勝への道を突き進んで行って欲しいと思います!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加