安定したリリーフ陣&粘り打線で、負けから引き分けへ持ち込む

出典:https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/05/06/0009054718.shtml

今日は途中まで、5-2で負けるかと思っていました。

先発九里の立ち上がりが良くなくて、1回に一挙4点を取られてしまい、その裏、新井さんのタイムリーで1点、5回裏に広輔のゴロで1点追加したけど、打線もあと1本が出ずに終盤を迎えてしまったからです。

そんな諦めかけた矢先、なんと9回裏に3点追加し、まさかの同点!!!

新井さん、松山、西川がものすごい集中力を見せました!やっぱ、西川天才!走った野間もすごいけど!

あと1本出ればサヨナラの場面でしたが、そこは阪神に抑えこまれてしまいます。その後、延長戦へ突入。

11回裏に、安部のツーベースと白浜のレフト前ヒット、広輔の四球で満塁としましたが、なおもサヨナラにはならず。12回も粘ったのですが、サヨナラにはならず、引き分けでゲームセット。

いやー4時間半にわたる試合は、選手も首脳陣もヘトヘトでしょうね。これで移動日なしで、明日DeNA戦とは鬼スケです…。

それにしても、ヘーゲンズ、ジャクソン、佐藤祥万、中崎、今村、一岡はよく抑えました!!一岡なんて、遺恨残るであろう西岡を代打であてられたのに、冷静に三振取ってたし。

まあ、負けそうだったところを引き分けで終われたし、粘りある打撃も見れたので良かったかな。主力選手には、この時期特に疲れが出てきているように思います。

体調には気を付けて、今週あと3試合戦って欲しいと思います。長時間、お疲れ様でした!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加