大瀬良、7勝目!隙のない走塁は、カープのお家芸!

出典:https://daily.c.yimg.jp/baseball/carp/2017/05/18/Images/10197664.jpg

大瀬良は7回に失点しながらも、4安打1失点の投球でしっかりと試合をつくりました。7-2で勝利し、これで大瀬良は開幕から無傷の7連勝!

特に今日は、石原の好リードのおかげで、大瀬良は存分に力を発揮できたように見えました。何か、吹っ切れたようなそんな投球でした。

これまでの試合では色々思うところはありましたが、先発投手としてチームを勝たせてきたことはすごいことです。

今後も今日のようなピッチングを続けて、首脳陣の信頼をつかみ、チームの柱となるよう期待します。

ちなみに、昨日のノムスケに続いて、今日の大瀬良の安定した投球に、緒方の顔は終始柔和でした♪

今日の大瀬良といい、昨日の野村といい、一昨日の岡田といい、ジョンソン離脱はあったものの、それによって先発投手陣が一致団結している雰囲気を感じます。

投手各々が、「俺がカープを背負って立つんだ!」という気持ちを持ち始めたような、そんな感じです。

もちろん、完投・完封はなく、野手陣や先発投手以外の投手陣に支えられた状況に変わりはないですが、調子が上がってきたな!!という印象をもつ先発投手が増えてきています。

一方、野手陣は野手陣でこれまでと同様に、走攻守揃った素晴らしいプレーの数々で、チームを引っ張り続けています。

特に、走塁スピードとその技術の高さには驚くべきものがあります。3塁の河田コーチがガンガン腕を回すのもすごいですが、それに応えられる選手たちがすごい!!!

あの走塁が、得点率の高さに拍車をかけているだろうし、隙あらば次の塁を目指そうとする意識の浸透に繋がっていると思います。

とはいえ、松山とブラッドのときは少々抑えて欲しいところですがね(笑)

今日は、誠也くんの、納得いく打撃に近付きつつあるようなHRと、丸とブラッドの安定したHRもあり、打撃面でも力強さを感じました。

10年前では考えられない勝ち方を連発し続けるカープに、ファンとしては感動するばかり。

今日はDeNAも勝って、DeNAがとうとう単独2位。1位カープ、2位ベイスターズ、なんて10年前には考えられない状況です(笑)

セリーグのBクラスを支えてきた2球団が、若手を中心とした生え抜き選手で、ここまで強くなったのは本当に本当に感慨深いものがあります。

とはいえ、今のカープが目指すのはリーグ優勝!そして日本一!!DeNAが迫ってきても、カープの戦い方で勝ち続けていきます!

この調子で、明日も勝って3タテするぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加