高コーチ、宮崎キャンプでの様子

緒方の右腕、有能な高ヘッドコーチ。

チーム内の中間管理職的役割を一手に引き受け、緒方監督を優勝監督にまで押し上げた素晴らしい人物です。

高ヘッドコーチがいなければ、今のカープの躍進はなかったでしょう。

ところで、2月に宮崎日南キャンプ(天福球場)を観に行った際、そこで高コーチを発見。選手を温かく見守る姿が印象的でした♪

ただ、キャンプでは普段の能力を発揮する機会がないのか、どこか手持無沙汰気味。タクローは、誠也くんを熱血指導中。畝・東出・迎などの他コーチも必死に選手の練習をサポート中!

高コーチはというと……うーん、ちょっと寂しそう!ヘッドコーチってキャンプのとき、特にすることがないのかも!?

選手にバットを渡したり?

機械をいじったり?

ちなみに、緒方は小久保と熱~く話し込み中。真面目で気が合うのか、緒方が饒舌になっていました。

終始寂しそうな高コーチでしたが、見えない部分で多大な貢献をしているのでしょう!

今後、厳しい戦いが続く中で、高コーチの存在は不可欠。監督と選手・コーチとのコミュニケーションを図れる唯一無二の存在だからです。

たまに?緒方が退場することになれば、指揮を執るのは高ヘッドですし。

健康に気を付けて、チームを支え続けて欲しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加