広島・エルドレッドのストライクゾーン

出典:https://bbcrix.com/articles/9659

「あんな球、ホームランにしちゃうんだ…」なんてことがよくあるエルドレッド選手。

非常に真面目な人柄でチームメイトからも「日本人のよう」と言われ、ファンやコーチ、野村前監督から好かれている選手でもあります。

また、チームがピリピリしている時でも、マイペースにプレーを続けられる頼もしい存在でもあります。いい意味で空気を読まないというか。

そんなエルドレッド選手ですが、持ち味は豪快なホームラン。

片手で一振りすれば、軽々スタンドに入る威力はさすが!

しかしそのストライクゾーンは、196cmという身長の高さもあって他の選手とは全く違います(笑)

そのため、相手投手が投げた球が全くストライクゾーンではなくても(捕手が立って敬遠気味の時でも)関係なく打ちにいき、ホームランかヒットにしてしまうのです。

すごすぎ!!

それゆえ、相手投手・捕手にとっては注意しなければならない選手なのですが、何故だかストライクを外れた高めの球を投げてしまい、今シーズンも既に何本か打たせてもらっているようです。

野村前監督とは特に信頼関係が築かれていたようで、通訳を介さず英語でコミュニケーションを取ってくる野村前監督に対して好意を持っていたそうです。

ちなみに、野村前監督は2013年にエルドレッドを放出しようとした球団側に対して、説得を重ねて残留させた人物でもあります。

エルドレッドは試合後半になると疲れてくる印象が強いですがが、彼の決定打&守備による勝利試合は数えきれません!

今シーズンも、そんなエルドレッド選手の活躍に期待したいです!!めざせ、本塁打王!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加