広島・石原のリードで勝つカープ

広島カープ・緒方監督は、一昨日・昨日と若いピッチャーをしっかりリードして、チームを勝利に導いたベテラン捕手・石原を褒めちぎっていました。

一昨日は、プロ初勝利を挙げたドラ1加藤を、昨日は今季初勝利だった岡田を、非常に頼もしいリードで支えました。

石原自身はそんなことを微塵も感じさせない、常に投手優先・投手中心・チームのため、という姿勢&プレーですが、そのすごさは誰もが知るところ。

昨年の優勝にしても、主軸であった3投手(黒田・ジョンソン・野村)の女房役を、石原が務めたからこそ掴めた勝利は多かったわけですから。

ジョンソンも黒田もその高い能力には、敬意と感謝の意を表していますし、緒方も高く評価しています。

だからこそ昨シーズン打率が低くても、會澤や磯村ではなく石原を使い続けたのです。

今シーズン、カープでは多くの若手ピッチャーが登板するでしょう。その際、その経験の浅さをいかに補えるかが、文字通り捕手に求められます。

石原が蓄えてきたデータ、培ってきた能力と技術、年齢による包容力等々、石原がチームに与える影響力は非常に大きなものがあります。

新井さんの影に隠れて見えなくなりがちですが、カープ在籍年数からいえば石原の方がカープを支えています。

苦しい時代を乗り越えて、カープの土台となっている本当の柱は、実は石原かもしれません。

今年はバレンティンのバットが当たらないように願いつつ、多くの若手投手を勝利へと導いて欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加