黒田に日本シリーズ前の引退発表を進言したのは新井だった

10月18日、広島カープ・黒田投手は今季限りで現役を引退することを表明しました。

しかし、なぜ日本シリーズ前の発表だったのか、引退を明かしたタイミングに疑問を持った人は多いと思います。

その理由は、シーズン中、引退について何度も黒田が相談していた相手、新井選手の意を尊重した形だったというから驚きです。

黒田の1番のファンと公言する新井は、

「黒田さんは、シーズンがすべて終わってから(引退を)発表したい、と言っていた。でも僕は、シリーズ前に発表してほしいとお願いした。あれだけ偉大な選手だから、ファンも(引退すると)知って、その目に焼き付けたいでしょう。僕も最後の雄姿を焼き付けたいから

そう、最後の登板と分かっていれば、ファンもチームメイトもそういう思いで試合を見ることができ、黒田の雄姿を目に焼き付けられると、新井は考えていたのです。

「シーズン中に(引退について)何度も話を聞かされていました。もう1年やってください、と言いましたが、体がボロボロなのも一番に近くにいて知っていましたから」

新井は、黒田が限界までプレーしていることを1番間近で感じていたからこそ、そしてカープ暗黒時代を共に過ごした仲間だからこそ、さらに共に広島を去りそして共に戻ってきた仲間だからこそ、日本シリーズ前の引退発表を進言したかった・進言すべきだと思っていたのだと思います。

「この世界で最も影響を受けた選手。今、自分があるのも黒田さんのおかげ。黒田さんと会っていなければ、野球を続けていなかった

こうした新井の思いを、黒田は最後に汲んだということになります。

惜しくも日本一を逃してしまった広島カープですが、黒田は今季限りで野球人生を終わらせました。

その引き際の潔さに、カープOBの北別府学氏も惚れたと言っていましたが、ファンだけでなく、選手やコーチ、監督、OB、プロ野球界全体に多大な影響を与えたに違いありません。

それは、黒田が「自分が、自分が」という人間ではなく、常に「チームのために、ファンのために」という姿勢で生きてきたからだと感じています。

そして、そんな黒田が絶大な信頼を置いているのが新井であり、それゆえに、新井がお願いした日本シリーズ前の引退発表を受け入れたのだと思います。

やっぱり新井さんってすごい!これからもそんな新井さんを応援し続けます!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加